動物由来と植物由来のプラセンタ

プラセンタとは、動物由来の胎盤から抽出した成長因子になります。
動物といっても豚と馬からとれるプラセンタは、非常に安全性も高く使用しやすいということは有名です。
プラセンタには植物性の物もありますが、植物性プラセンタはライ麦の胎座から抽出されます。
植物由来のプラセンタとは、動物由来のプラセンタに対して植物由来のプラセンタに似た成分のことを言います。
そのなかでもBCAAと呼ばれている遊離アミノ酸の場合は、動物性のものと比べると8倍も高くなっています。
プラセンタには抗ストレス作用や美白作用、細胞再生作用などがありますが、動物プラセンタよりも植物プラセンタの方が、より安全性が高くなっており、同じような効果が得られるのです。
人の体の中のにある錆をなくしてくれ、活性酸素から守ってくれます。
近年言われているアンチエイジングにも利用できますね。
大豆は畑の肉と言われ、動物性の肉の代わりとなります。
同じようなことが植物にもあるのです。
動物性と比較すると柔らかく、健康や美容にも効果が実証されています。
人間にとっては植物性のプラセンタコレゾも動物性プラセンタも、素晴らしい効果を持つ成分となっています。
動物性プラセンタも植物性プラセンタも、人間の健康と美容を保つために上手く利用していきましょう。

 
スキャルピング