アミノ酸を多く含むプラセンタ

アミノ酸は人の体の中にある成分ですが、人の体の中にあるアミノ酸の特徴とはどのようなものでしょう。
人の体は、およそ60〜70%が水分になっています。
残りの内20%がタンパク質やアミノ酸になります。
アミノ酸の組み合わせがタンパク質というわけです。
その成分が体の筋肉や血液、骨、皮膚、髪の毛、コラーゲンとなりますから、人の体の大切な部分を作っていると言えますね。
複雑な作りになっている人体ですが、アミノ酸がその体を作り出しています。
タンパク質はアミノ酸の組み合わせですが、その種類は10万もの数になるのです。
人の体を作っているアミノ酸ですから、アミノ酸の凄さが分かりますね。
ではプラセンタとの関係性は、どのようになっているのでしょう。
アミノ酸を豊富に含んでいるのがプラセンタです。
いくつか種類のあるプラセンタですが、その中でも人の筋肉や皮膚、髪の毛、コラーゲンを作り出すアミノ酸を多く含んでいるのは、豚由来のプラセンタより馬由来のプラセンタになります。
豚の出産のときは、一度の10頭から12頭生むのに対して、馬は1頭だけしか生みません。
プラセンタの濃さが違うという点が、馬由来のプラセンタの特徴となっています。

 
スキャルピング