プラセンタ療法とは?

現在行われているプラセンタ療法にはどのようなものがあるのでしょうか。
プラセンタ療法には保険が適用でき、肝炎や肝硬変、更年期障害を患っている患者さんの治療として医療用注射器が使われています。
ニキビやシミ、アレルギー性疾患といった皮膚の疾患は、皮膚科でプラセンタが用いられています。
プラセンタ療法には、プラセンタ注射とプラセンタエキスの服用があります。
また、プラセンタ埋没療法というプラセンタ療法もありますが、あまり聞き慣れないプラセンタ埋没療法ですから、詳しく説明をしたいと思います。
プラセンタ埋没療法というのは、大型注射器を用いて冷蔵人の胎盤を皮下に埋め込むという方法になります。
注射する箇所に局部麻酔を施し、大型注射器を使用して行われます。
これで、約2ヶ月から3ヶ月は持続すると言われています。
では、プラセンタ埋没療法とは、どのようにしてできたのか説明していきます。
プラセンタ埋没療法は、組織療法が原点となっています。
1930年代にロシアのオデッサ医科大学の眼科医の博士が提唱した組織療法ですが、死体の角膜を移植して目の角膜障害の治療を行っていました。
現在、組織療法は冷蔵人の胎盤を埋没させるという方法になっています。
プラセンタ埋没療法は、日本ではアレルギーやアトピーを患っている患者さんに効果を発揮しています。

 
スキャルピング