美白作用もプラセンタで

プラセンタには美白効果があることが知られています。
ホワイトニング化粧品を見ても、多くの化粧品に配合されていますから、それだけ効果の高さが実証されているのです。
なぜ美白ができるかというと、プラセンタにはメラニン色素が生成するのを抑える働きがあるのです。
メラニン抑制にはいくつかの経路がありますが、プラセンタの場合は遺伝子レベルによって抑えていると考えられています。
紫外線にあたると、肌は表皮のメラノサイトという細胞が活性化してメラニンが生成します。
その際にメラニンを作る必要があるわけですが、プラセンタはメラニンの元を作る前に阻害することができるのです。
しかし、無条件でメラニンの生成を止めるわけではなく、メラニンには紫外線の害を防いでくれる作用も含んでいます。
プラセンタはメラニンの異常生成を抑制しながら、不足しているときには促進するという働きがあります。
それは、サイトカインというプラセンタの成分が作用していることが原因だと考えられています。
サイトカインの分泌によって皮膚の細胞や皮膚の状態を左右していますが、それをコントロールしているのがプラセンタだと言われています。
これらのことが、肌に対してプラセンタが作用している原因となるのです。

 
スキャルピング