プラセンタ副作用とは

プラセンタにはさまざまな効果があります。
ホルモンバランスを調整したり、新陳代謝を活発にします。
また、女性にとっては嬉しい美白効果がありますから、化粧品にも多く含まれています。
そして、健康維持のための健康食品やドリンク剤、内服薬、注射、外用薬などに使われています。
しかし、副作用はないのでしょうか。
プラセンタの注射に際に使う原料の場合、人の胎盤だけですから安全にできています。
副作用はほとんどないと言われているプラセンタですが、実際にはゼロというわけではないようです。
副作用には赤みやかゆみが出ることがありますが、これはプラセンタ注射をした箇所に表れる症状です。
そして、ショック症状に陥ったり、過敏症反応が見られることも稀にあるようですが、どれも軽い症状で済むようです。
また、アレルギー反応として表れることもあるようです。
この場合、プラセンタ自体が起こす副作用というわけではなく、どのような物質でも起きるアレルギー反応になります。
アレルギーにはホコリや花粉、カビによって起きることがありますが、同様の種類の症状だと言えるでしょう。
また、眠気を誘うのもプラセンタの特徴です。
プラセンタには自律神経に作用し、リラックスさせる効果があるために眠気が起きるということです。
しかし、プラセンタ治療を希望する場合、まずは医師に相談することから始めましょう。

 
スキャルピング