口腔内の治療にもプラセンタが有効

プラセンタにはさまざまな効果があります。
冷え症や美白効果があることは有名ですが、口の中にも効果があるのです。
口腔内には歯周炎、口内炎、歯周病、口唇ヘルペスなどに悩む患者さんに臨床検査を行ったところ、プラセンタの使用によっておよそ75%の人に改善が見られました。
これは、プラセンタの持つ抗炎症作用によって、さまざまな炎症を抑えたことが原因だとされています。
また、再生効果や細胞活性化の効果もありますから、それが症状を改善させたとも言われています。
プラセンタは炎症を体内から治したり、歯周病のなかでも深刻な歯槽膿漏を遅らせる効果についても注目を集めています。
プラセンタは神経の敏感な反応を抑制しますので、痛みを伴う歯や口腔内の病気にも効果があります。
そして、三叉神経痛や顎関節症などの顔面に症状が表れるときも、プラセンタが良いと言われています。
現状では一般的に広まってはいませんが、歯科医院やクリニックでプラセンタ治療を取り入れているところはあります。
また、プラセンタ注射を受ける時には、保険の適用外であることやリスクについても確認が必要です。
必ず事前に確認しておきましょう。
口の中は雑菌が繁殖しやすいので、呼吸のときや飲食のときは注意が必要です。

 
スキャルピング