プラセンタの種類とは?

プラセンタについて詳しいというかたは少ないかもしれませんね。
では、プラセンタにはどのような種類があるのでしょう。
ヒト由来のものと動物由来のものがありますが、4つの種類について説明していきます。
まず、1つ目はヒト由来のプラセンタですが、これはヒトの胎児から得るプラセンタエキスになります。
これは、製薬メーカーで許可されたものをプラセンタ療法として使用されます。
また、ヒト由来のプランセンタの場合、医療機関だけで処方や使用が認められています。
そして2つ目は、馬由来のプラセンタですが、馬の胎盤から得るプラセンタエキスです。
人間の体に必要だと言われている必須アミノ酸が、馬の胎盤に多く含まれているのです。
豚由来のプラセンタにはない必須アミノ酸が6種類含まれており、豚由来のプラセンタよりも成分の濃いエキスで、効果も高いことで知られています。
3つ目は豚由来のプラセンタですが、牛由来のプラセンタが製造禁止となったため、主に豚由来のプラセンタが多く使用されるようになりました。
豚由来プラセンタの場合は化粧品、健康食品、サプリメントなどの日常生活で取ることができるようになっています。
一般的に日常生活で使われるのは、豚由来のプラセンタがほとんどになります。
そして4つ目は植物由来のプラセンタですが、植物には胎盤がないため植物からプラセンタを作り出し、アミノ酸やミネラル類を多く含んでいるため美容効果の高いものと言われています。

 

高麗人参の効果とおすすめサプリ

 
スキャルピング